メニュー

診療時間

診療時間
9:00〜12:00
14:00~16:00手術手術
16:00〜18:00

休診日 木曜午後、土曜午後、日曜日、祝日

診療開始15分前に、開錠します。午前の診療は、8時45分に開錠します。)

午後は、月曜、水曜は15時45分に開錠します。火曜、金曜は13時45分に開錠します。

月曜、水曜の手術の後、16時以降は通常の診察を行いますが、手術時間により、診療時間が遅くなる場合がありますので、ご了承ください。

また診療時間の変更がある場合は、こちらも出来るだけ早く、お知らせできるよう努力いたします。

診療時間に関して不明な点があれば、当クリニックにご連絡ください。

 

初診の方へ

必要なもの:健康保険証、各種医療証

診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方は、ご持参ください。

当院では、初診の方は特に予約をお取りしなくても、診察が出来ます。

診療時間をご確認の上、当院にお越しいただければ、順番に診察します。

コンタクトレンズを使用している方は、眼鏡の持参もお願します。

眼の周りの化粧は、診察時に落ちてしまうこともあります。眼の周りの化粧はおとしてから眼科に受診していただく方が、助かります。

瞳孔を開く検査をする場合は、数時間見えにくくなるため、お車の運転を控えていただくことがあります

お支払いは、現金のみとなります(クレジットカードなどは使用できません)

散瞳検査

我々は、瞳孔と言う穴から、のぞいて物を見ています。瞳孔は光を当てると小さくなるため、眼の中の様子を見ようとしても、良く見えません。

そんな時には、瞳孔を開く目薬を使用し、20~30分待っていただき、瞳孔が開いてから、眼の奥の診察を行う検査を、眼科では一般的に行っております。

飛蚊症や、糖尿病性網膜症、網膜剥離など、眼の奥の病気を細かく見るためには、散瞳検査は必須の検査です。

この検査は、個人差がありますが、4~6時間程度、瞳孔が開きっ放しになるため、まぶしい、ピントが合いにくい、見えにくいなどの症状が出てしまいます。

そのため、散瞳検査を行う場合は、運転が難しくなるため、送迎してもらうか、公共機関を利用して、お越しいただくようお願いします。

万が一、運転されて事故などあっても、当院では責任を負えませんので、ご了承ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME