メニュー

加齢黄斑変性の治療

基本的に、血管が加齢によって傷んでくることが原因ですので、治ることはなかなか期待できません。傷んだ血管を若いころのような血管に戻すことが出来ればよいのですが、現実的には難しいとお考え下さい。

滲出型黄斑変性の場合は、抗VEGF薬を眼内に投与する方法が最も多く用いられている方法です。抗VEGF薬の眼内投与は当院でも行っております。一時的に悪い血管を押さえる効果が期待できる治療ですが、また血管が傷んでくると、悪くなることも多いです。そのため、何度も投与する必要がある患者様も多くいらっしゃいます。

また補助的な治療として、食事療法が有効との報告があり、青魚や緑黄色野菜を摂取することが良いと考えられています。最近ではそのような成分が含まれたサプリメントも販売されておりますが、あくまでも補助的なものととらえていただいた方が良いと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME