メニュー

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は、その名の通り、加齢により網膜の一番大事な視力に関係する部分(黄斑)の変性を生じる疾患です。超高齢化社会となり、長寿の方が増加しており、日本でも増加しつつある疾患です。

「滲出型」と「萎縮型」があり、「滲出型」は、新生血管が発生し出血することで網膜に障害がおこるタイプの疾患です。進行が速く急激に視力が低下します。また、「萎縮型」は、網膜の細胞が加齢によって変性し、老廃物が蓄積して栄養不足になり、その結果、除々に萎縮する疾患です。進行が穏やかなので気づかない人もいます。

 

加齢黄斑変性

 

[Copyright ®iCeye]

発生の要因として

  • 加齢によるもの
  • 喫煙によるもの
  • 高血圧によ るもの
  • 食生活によるもの(欧米化した食事)

また、症状として

  • ものがゆがむ
  • 視力が低下する
  • 部分的に見えづらくなる
  • 視野の中心が見えづらい

などがあげられます。

当院では、網膜、脈絡膜の異常血管を検査する機器を取り入れており、病状を的確にとらえることが可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME