メニュー

花粉症の治療

花粉症花粉症は、I型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされます。

症状は目のかゆみ、涙が出るなどの一連の症状が特徴です。

治療について

治療の前に、保護眼鏡やマスクなどによる花粉を防御することが、重要です。更に、眼を洗うことも非常に有用です。この2つで、花粉を90%以上減少することが出来ると言う報告もあります。当クリニックでは、保護眼鏡や、眼を洗う点眼やシャンプーなども販売しております。

治療には抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬(即効性の高いかゆみ止め)の点眼治療が中心になります。点眼とはいえ、眠くなる副作用もあります。点眼回数、コンタクレンズの使用応じた治療を心がけております。また、症状が出る前から予防的に点眼薬を使用することを行う初期治療もあります。

難治性の場合は、ステロイドや免疫抑制薬も使用することがありますが、副作用もあるので、使用しないで済むものであれば、使用を避けた方が良い場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME