メニュー

緑内障の治療

治療について

日本で失明原因1位の疾患です。非常に怖い病気の印象がありますが、きちんと眼科に受診をしていれば、多くの方が、失明を回避することが出来る疾患です。しかし自覚症状がないので、中々眼科に受診しないので、受診の時には、既に緑内障が進行してしまっている場合も少なくありません。

失った視野障害は、改善することがないため、早期に発見し、早期に治療することが重要です。神経は改善して良くなっていく事がないので、緑内障は治療をしても良くなるわけではありません。しかし治療して、神経が傷む速度を遅くしないと、生きている間に見えなくなる場合があります。

緑内障の治療は、神経を守ることですが、神経を強くする薬や、神経をよくする薬はありません。眼圧を下げることで神経の負担を軽減させる方法が唯一の治療方法です。

眼圧を下げる治療としてことで点眼薬での治療やレーザーによる手術、外科的な手術があります。

まずは、検査をして、治療方針を検討して治療方法を決めます。

当院では、緑内障の日帰り手術も行っております。

緑内障の手術は、眼圧を下げる手術になりますが、いくつかの方法があります。

緑内障の手術に関しては、緑内障のタイプ、視野障害の度合い、神経障害速度、年齢、現在の治療、眼圧などを加味して、決定します。

まず緑内障と一言で行ってもいろいろな緑内障があり、緑内障のタイプにより治療方針が異なります。低侵襲の手術から始めていく場合もありますし、既に進行している場合は、初めから最終手段的な手術を行う場合もあります。手術適応の決定には、緑内障の専門医と相談して決めることをお勧めします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME