メニュー

飛蚊症

眼の中には硝子体と言う、卵の白身のようなゼリー状のものが入っています。硝子体は99%水で透明な組織です。硝子体は加齢で濁りが生じたり、内側の壁から外れることがありますが、それ自体は病的な意義はありません。眼に光が入ると硝子体の混濁は網膜に黒いものとして認識されます。ゼリー状のため、眼を動かすと黒いものが動きます。

飛蚊症

[Copyright ®iCeye]

びっくりされる方も多いのですが、視力低下や視野障害がなければ心配ないことが大半です。ただ飛蚊症は、ブドウ膜炎や網膜剥離などでも生じることがあるため、見え方が悪くなった場合は眼科の受診をお勧めします。その際動向を開いて検査するため、数時間見え方が悪くなるので、お車の運転などは控えた方が良いと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME