メニュー

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の一つですので、血糖値のコントロールが病気の進行を防ぐ有効な治療になります。

また、レーザーによる治療や、観血的手術による治療もあります。

治療の考え方は、2つあります。一つは視力改善、もう一つは、視力低下の予防です。

視力は網膜の中でも黄斑と呼ばれる部分の状態で決まります。他の網膜が悪くても黄斑部さえ問題なければ視力は良好な場合もあります。逆に黄斑部の異常は自覚的に見えにくくなるため、自分でも自覚できる場合が多いです。レーザー治療、眼に注射をする治療(抗VEGF薬の硝子体注射)などがあります。当院では抗VEGF薬の硝子体注射も行っております。

糖尿病性網膜症は、網膜の血流が悪くなるため、異常血管から出血を起こして、見えなくなったり、ひどいと新生血管の影響で緑内障が生じたりする場合もあります。こうなると手術が必要になります。このように手術が必要な状態を回避するために、レーザー治療を行う場合があります。このレーザー治療は視力改善ではないため、むしろ見えにくくなることもあります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME