メニュー

白内障の治療

点眼治療などで改善することは期待できないため、治療は濁った水晶体を取り除き、人工の透明なレンズに入れ変える手術を行います。水晶体の混濁が強くても弱くても、結局とってしまうので、緊急に行う手術ではありません。

白内障手術前後の水晶体の変化

[Copyright ®iCeye]

 

手術のタイミングに関しては、個人差もあり、一概には年齢や視力のみでは、手術適応の判断は難しいです。また運転する方としない方でも手術を行う時期は異なる場合があります。また眼の他の疾患がある場合でも、状況は変わってきます。手術に関しては、当院で検査を行い、相談して決めることをお勧めします。

手術が必要な場合は、当院で行うことが可能です。当院では日帰りの白内障手術を行っております。

眼の中に挿入する眼内レンズは、眼鏡と同様で、遠くを見えるようにすることも可能ですし、近くを見えるようにすることも可能です。ただ遠くも近くも両方見えるというわけにはいきません。どちらに転んでも、手術後は基本的に眼鏡が必要になります。

また他の眼の疾患がある場合は、視力が出ない場合もあります。乱視などがあり、遠くも近くも眼鏡が必要なる場合もあります。術前にしっかりとした検査が必要になります。

多焦点眼内レンズの手術にも対応しております。

こちらのレンズは遠くも近くも見える眼内レンズです。若いころの見え方になるわけではありませんが、遠くも近くも眼鏡なしで見えることが期待出来るプレミアムレンズです。非常に魅力的なレンズですが、高額の費用がかかるため、注意すべき点があります。

   ・白内障以外の疾患があると高額なレンズを入れても視力が出ない場合がある

   ・乱視があると、結局遠くも近くも見る時に眼鏡が必要になる

   ・先進医療保険加入者は、保険会社に費用を負担してもらえる可能性がある

   ・術後光がまぶしい、コントラスト低下の可能性がある

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME